WB工法

WB house

呼吸する家

人にも家にも地球にも優しい高気密・高断熱の家。
木造から造る頑丈な構造で、地震にも強く地震の多い日本でも安心。
壁の中の空気の流れを考えた通気性断熱で、構造材の劣化を防ぎ室内の空気も快適に保ちます。
さらに、伝統的な土壁の湿気を通す作用を応用した、室内の化学物質や臭いを屋外に排出する仕組みで、
シックハウスや喘息・アトピーなどの健康被害から家族を守ります。

1.壁の中の通気性

~エアコンを
それほど使わなくても
夏過ごしやすい家~

壁の中を空気が流れるから、
無駄な湿気も夏の熱気も家にこもりません。
湿気で木材が劣化しないから、
家はいつまでも丈夫です。
通気口から入った空気は、床下のひんやりした空気と混ざって壁の中を上昇します。
自然な空気の流れが、焼け込みの熱を緩和し、無駄な湿気を一掃する仕組みです。
壁の中を空気が流れることで、室内は熱気の影響を受けにくい快適な空間になります。

2.気温に反応する
形状記憶合金

暑くなったら服を脱ぎ、
寒くなったら服を着こむ。
人はそうやって
季節に応じた服装をしています。
家も同じように、季節に合わせて衣替えすることができるのです。
WB HOUSEは、各通気口に、気温の変化で伸縮する形状記憶合金を利用しています。
気温に応じて通気口が自動的に開閉する発想により、家も人と同じように衣替えができるのです。

3.気密性と断熱性

形状記憶合金で通気口から冷気を遮断し、
冬の冷え込みを抑えます。
壁の中に空気の層ができて、
家の中の気密性を断熱性がアップします。
気温が低下すると各通気口は自動的に閉じて、冷たい空気の侵入を防ぎます。
壁の中の空気を動きにくくすることで、
室内暖房の熱が逃げにくくなり
断熱性がアップします。
夏の通気性とは一変、
家は気密性が高い状態になります。

4.湿気を通す壁

土壁の原理を応用し、
臭いも化学物質も湿気と一緒に壁を通過。
換気システムに頼らなくても、
深呼吸したくなる結露しない家が実現します。
室内の有害な化学物質や生活臭は、
湿気とともに透湿性の壁を透過して、
屋外へ排出されます。
機械による室内換気をしなくても、
室内ホルムアルデヒド濃度を低く抑えることができます(厚生労働省指標値0.08ppm)。
余分な湿気も抑えるので
結露する心配もありません。
室内は常にクリーンな空気で保たれます。

健康

健康

近年の住宅は高気密・高断熱が進んだことにより、暖かく省エネな家へと進歩してきました。
しかし、高気密・高断熱化により、
シックハウス症候群というその家に住む人の健康に被害を及ぼす重大な問題も出てきました。
建材から発生する化学物質の室内空気汚染により、
目がチカチカする・吐き気・頭痛・湿疹などの症状が出るのがシックハウス症候群です。

通気断熱の家では高気密・高断熱を保ちつつも高い通気性を保持。
有害物質を充満させた24時間換気を使用しない室内で行われた実験でも、
一般的な気密住宅との違いが明らかになっています。
近年の住宅は高気密・高断熱が進んだことにより、暖かく省エネな家へと進歩してきました。
しかし、高気密・高断熱化により、
シックハウス症候群というその家に住む人の健康に被害を及ぼす重大な問題も出てきました。

建材から発生する化学物質の空気汚染により、
目がチカチカする・吐き気・頭痛・湿疹などの症状が出るのがシックハウス症候群です。

通気断熱の家では、高気密・高断熱を保ちつつも高い通気性を保持。
有害物質を充満させた24時間換気を使用しない室内で行われた実験でも、
一般気密住宅との違いが明らかになっています。

快適

快適

高気密住宅のもう1つの問題点は生活臭が室内にこもりやすくなること。
換気をしないと室内の空気が汚れていき、汚れた空気をそのままにしておくと、
ソファやベッド・カーテン・ラグなど様々なところに臭いが染みついてしまいます。
しかし、通気断熱の呼吸する家なら高い通気性と透湿透過によって,
気になる生活臭やペットの臭いも屋外に排出・除去してくれます。

室内の消臭実験では、臭いがこもるのが一般気密住宅と比べ1/2程度に抑えられており、
臭いが消える速さも速いことが分かります。
さらに、湿度の上昇も抑えられ、快適な室内環境をつくり出せます。
高気密住宅のもう1つの問題点は、
生活臭が室内にこもりやすくなること。
換気をしないと室内の空気が汚れていき、
汚れた空気をそのままにしておくと、
ソファやベッド・カーテン・ラグなど
様々なところに臭いが染みついてしまいます。

しかし、通気断熱の呼吸する家なら
高い通気性と透湿透過によって、
気になる生活臭やペットの臭いも屋外に
排出・除去してくれます。

室内の消臭実験では、臭いがこもるのが一般気密住宅と比べ1/2程度に抑えられており、
臭いが消える速さも速いことが分かります。
さらに、湿度の上昇も抑えられ、
快適な室内環境をつくり出せます。

省エネ

省エネ

高気密・高断熱により、エアコン使用時の電力・エネルギー消費量を抑えられます。
エネルギー消費量を抑えることは経済的にプラスなだけでなく、
地球環境への負荷も抑えられるため省エネにつながります。

複数の土地で行われたエアコンの省エネ実験では、
平均して約15%のエアコン使用率の削減効果が認められました。
高気密・高断熱だけでなく家の高い調湿性能が、
高温多湿の日本で快適に過ごすには重要という事がこの実験から分かります。
高気密・高断熱により、エアコン使用時の電力・エネルギー消費量を抑えられます。
エネルギー消費量を抑えることは経済的にプラスなだけでなく、
地球環境への負荷も抑えられるため省エネにつながります。

複数の土地で行われたエアコンの省エネ実験では、
平均して約15%のエアコン使用率の削減効果が認められました。
高気密・高断熱だけでなく家の高い調湿性能が、
高温多湿の日本で快適に過ごすには重要という事がこの実験から分かります。

湿度

湿度

高温多湿の日本では、湿度の管理が快適な室内環境をつくるには非常に重要です。
室内における湿度と温度には密接な関係があり、多すぎず、少なすぎずの
丁度良いバランスを保つことで住み心地の良い空間を実現します。
国の定める省エネルギー対策等級4と透湿透過性を効果的に組み合わせ、
「より省エネ・より快適」な家になります。
高温多湿の日本では、湿度の管理が快適な室内環境をつくるには非常に重要です。
室内における湿度と温度には密接な関係があり、多すぎず、少なすぎずの
丁度良いバランスを保つことで住み心地の良い空間を実現します。
国の定める省エネルギー対策等級4と透湿透過性を効果的に組み合わせ、
「より省エネ・より快適」な家になります。