耐震等級3

seismic

耐震等級とは

耐震等級とは地震に対する家の耐久性を示すランク。
1〜3までランクがあり、数字が大きい程耐久力が高いという事になります。
地震大国とも言える地震の頻発する日本だからこそ、地震に対する予防策として耐震等級3の家が求められます。

耐震等級への注目

2016年に熊本で起こった熊本地震では、
耐震等級2以下の家だと1度目に来た地震には耐えられても、
2度目に来た地震で倒壊する事が多発しました。
そのように、耐震等級2以下の家が大きな被害を受ける中、
耐震等級3の家は被害が少ない、または無事な例もありました。
この様に繰り返し起こる地震に対する備えとして、
耐震等級3の家が今注目されています。

耐震等級への注目

2016年に熊本で起こった熊本地震では、
耐震等級2以下の家だと
1度目に来た地震には耐えられても、
2度目に来た地震での倒壊が多発しました。
耐震等級2以下の家が大被害を受ける中、
耐震等級3の家は被害が少ない、
または無事な例もありました。
繰り返し起こる地震に対する備えとして、
耐震等級3の家が今注目されています。

強さの理由

耐震等級3を実現するために必要なポイントは「基礎・床・壁」の3つ。
基礎はその土地の地盤の強さや、建物の形状を加味したうえで地盤補強・基礎配筋等を行います。
床は強い部分や弱い部分ができないように補強し、変形に強い構造をつくります。
壁は家を支える重要な部分、建物の形状に応じて壁量を算出します。
この様に地震に対して強い構造にする事で、地震大国日本でも安心できる高い耐久性を誇ります。

地震保険料の割引

家の耐震等級を1以上にする事によって、地震保険の割引を受ける事ができます。
等級毎に割引率が異なり、耐震等級1だと10%、耐震等級2だと30%、耐震等級3では50%の割引を受ける事ができます。
大きな地震があるたびに地震保険料は値上げされており、今後も値上がりはすると考えられています。
地震の多い日本では地震保険は必須、しかし地震保険も安くはない。
そこで、地震保険料の大幅な割引を受けられる耐震等級3は、経済的な面から見ても大変重要です。